中国ヘッドライン
中国は活気に溢れています。その理由に経済の発展・2008年に行われる北京オリンピックなど数え切れないほどあり、目が離せません。そこで中国の最新ニュースを集めてみますのでチェックしてみてください。
スポンサーサイト

スポンサード リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筝・カヤグム、三味線の演奏家が集結、日中韓音楽祭

スポンサード リンク


 日中韓文化交流年を記念して14日、江蘇省揚州市で「2007年日中韓筝弦国際音楽祭」が開催され、各国から集まった演奏家が3国国民の末永い友好をテーマに、演奏を披露した。

 披露されたのは、中国の古筝、韓国のカヤグム、日本の三味線。古筝は約2000年前に中国西部から広まった「筝」に改良を加えた楽器で、日本の「おこと」と同系統。カヤグムは「筝」の影響を受け、韓国で作られたとされる。三味線の起源には諸説があるが、西アジアの楽器「サズ」が中国に伝わり「弦子」「三弦」として完成。さらに沖縄経由で16世紀ごろ日本に伝わり改良を加えられたとされている。

 いずれも、中国の強い影響を受けて作られた楽器。しかし、つむぎだされる音色やメロディーはそれぞれ独自のもので、東アジアの文化と各地での発展を考えさせられる、意義深い催しになった。

 写真は同音楽祭で演奏を披露する民謡歌手で津軽三味線や西物三味線演奏家の西出百合香さん。(CNSPHOTO)

■関連ニュース
・ 中国放送民族楽団:意義ある日本公演に感動と敬意 (2007/01/23)

■関連トピックス <  社会>文化・科学>文化・芸術  > <  政治>国際関係>日中関係  >

■関連動画  DVD「中国大紀行」ダイジェストムービー
(引用 yahooニュース)
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://arachina.blog117.fc2.com/tb.php/523-420d2e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。