中国ヘッドライン
中国は活気に溢れています。その理由に経済の発展・2008年に行われる北京オリンピックなど数え切れないほどあり、目が離せません。そこで中国の最新ニュースを集めてみますのでチェックしてみてください。
スポンサーサイト

スポンサード リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSJ-バフェット氏のペトロチャイナ株売却、理由をめぐり思惑交錯

スポンサード リンク


ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイ(NYSE:BRK.A)が、保有する中国石油天然気(ペトロチャイナ)(0857.HK)(NYSE:PTR)株の売却を続けており、投資家や社会活動家はその理由を知ろうとしている。

バフェット氏の市場での動きを注視している投資家らは、バークシャーがペトロチャイナ株の大半を売却しているのは、これまでの大幅上昇で一部の中国株は過大評価されていることを示し、今が売り抜けるべき時であることを示唆するとみている。

一方、ペトロチャイナ株を売却するよう投資家に呼びかけてきた社会活動家らは、これを小さな勝利とみている。社会活動家らは、ペトロチャイナの親会社がスーダンに多額の投資を行い、同国の原油輸出の大きな部分を購入し、その資金がダルフール地方での住民殺害に使われていると主張している。

ペトロチャイナは石油探査、燃料製品の製造を手掛けている。ペトロチャイナに投資している投資家らは、中国政府が石油製品の価格形成をいずれは市場に委ねる方向に動くとみており、そうなれば、ペトロチャイナの利益はさらに押し上げられる。

運用資産22億ドルのマシューズ・チャイナ・ファンドの調査ディレクター、アンドリュー・フォスター氏は「多くの人は、バフェット氏の行動とその軌道を注意深く見守っている。中国ではファンダメンタルズ、マクロ経済上の進歩がかなりあったものの、われわれ投資家は、現在のバリュエーションを正当化するのは難しいといった事実と葛藤(かっとう)している」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://arachina.blog117.fc2.com/tb.php/471-8fa5683f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。