中国ヘッドライン
中国は活気に溢れています。その理由に経済の発展・2008年に行われる北京オリンピックなど数え切れないほどあり、目が離せません。そこで中国の最新ニュースを集めてみますのでチェックしてみてください。
スポンサーサイト

スポンサード リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイング B787納入半年遅れ 全日空、中国便は五輪後に

スポンサード リンク


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000086-san-ind
 【ワシントン=渡辺浩生】米航空機大手ボーイングは10日、次世代中型旅客機「787(ドリームライナー)」の引き渡し時期が当初予定の来年5月から約6カ月遅れて来年11、12月になるとの見通しを発表した。機体軽量化で燃費を向上させた787は、世界中の航空会社から注文が集まった人気機種だけに影響は大きく、ボーイングの信頼失墜と、航空会社との補償問題に発展する可能性が高まっている。

 引き渡しが遅れるのは、製造過程で主要部品の供給に遅れが生じ、大量の留め具などが不足して機体組み立て作業が滞ったためだ。試験飛行は2008年第1四半期(1~3月)末にずれ込む見通し。

 しかし、航空会社からは「補償問題は今後の交渉の主題となるだろう」(カンタスのディクソン最高経営責任者)という声が上り始めている。

 787は機体の半分に炭素繊維複合材を使用して軽量化し、767と比べ、燃費と二酸化炭素(CO2)排出量を20%削減。原油価格の高騰などを受けて、48の航空会社やリース会社から700機以上を受注していた。このうち全日空は50機、日本航空は35機を発注し、全日空は来年夏の北京オリンピックにあわせて中国便で就航させる予定だった。

                   ◇

 全日空の山元峯生社長は今年9月、試験飛行の遅れについて「ボーイング幹部から『来年5月の引き渡しは信頼してほしい』と直接聞き、安心している」と述べていただけに落胆は計り知れないところ...

ニュースの続きを読む
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://arachina.blog117.fc2.com/tb.php/463-8bdc3647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。